理事長所信

「想い」

                                                                                 ~感謝の心が繋ぐ、

           我を突き動かす力へ~

                       一般社団法人 豊前青年会議所

                     2018年度理事長 有吉伊都美

 

はじめに

日本人が古来より持つ和の精神性、それは万物への感謝であります。生を受けたこと、水が飲めること、食べ物があること、現代では当たり前に感じ感謝の気持ちを持てずにいるのではないでしょうか。全ては当たり前ではないのです。我々一人ひとりが日々感謝の心を持ち伝えることで沢山の方に感謝の想いが繋がり、その感謝の想いこそ大きな原動力となり人を突き動かします。だからこそ今しっかりと自身の根幹を見つめなおすことが必要なのです。2018年度は我を突き動かす根幹の想い感謝の心を持ち、この愛してやまない郷土を更に誇れるものに、しっかりと次世代へ繋いでいくために一人ひとりがJAYCEEとしての自覚を持ち行動してまいります。

 

地域一体となって子供に関わるまちづくり

全国的に見て、出生率はここ数年で緩やかに増加すると仮定されており、人口減少の速度は緩和され微減の傾向が続いております。この豊築地域でも地域によりここ数年出生率は微増微減をくりかえしていますが、やはり少子高齢化の懸念はあり、向き合っていかなければならない問題であります。各自治体でも出生率増に向けて各種取り組みをされています。また近年障害を持つ子供たちを支援する団体も活動されており各自治体でも子育て支援の取り組みをされています。行政の取り組み、民間の取り組み、子供たちのために活動されている各種団体の取り組みを学び、活動に活かし豊築地域で一人でも多くの子供を育むことが大切であると考えます。地域一体となって子供に関わるまちづくりの実現に向けて、活動してまいります。

また地域の宝であります子供たちの成長のため、地域の方々と協力してまちづくり事業を開催いたします。

 

政治への関心・参画の推進

日本青年会議所は国政選挙や各都市の首長選挙においてこれまで公開討論会を開催してまいりました。豊前青年会議所も2014年に築上町長選挙の公開討論会を開催させていただき多くの有権者の皆様に参画いただきました。公開討論会の開催に際し討論内容の事前アンケートを収集させていただきましたが、有権者の皆様の関心・参画の意識の高さに感銘を受け必要な活動であると確信することができました。2016年には改正公職選挙法が施行され、投票年齢が18歳へと引き下げられました。有権者の人数が増えた今、豊前青年会議所は有権者の皆様に対し候補者の意見をしっかりと知っていただき、公平公正な立場で選択する機会を提供させていただくことで、全年代の政治への更なる関心・参画を推進してまいります。

 

自己の魅力溢れるひとづくり

現代社会を生きる大人として、仕事や家庭にと日々忙しく過ごしている方が多いと思います。そんな日々の中で自分自身の内面と向き合い、自分自身の魅力や成長のために時間が取れる方は少ないのではないかと感じております。本年は豊築地域で過ごす中で、普段の生活から少し離れ、地域にある様々なものに触れ、体験すること。それを通して自身が持つ魅力を発見し、表現できるような場を設えることに尽力していきます。豊築地域の大人、一人ひとりが地域の魅力、自身の魅力を発見し、自身の成長を考え、日々生き生きと過ごすことで、豊築地域に活気が溢れ、地域の発展に繋がると考えます。

 

次世代を担う青少年の育成

私自身、中学生のころ豊築中学校競技大会でメダルをいただいたことがあり誇らしかったのを記憶しています。勝利に邁進し地域で発揮できる場がある。あの経験は今の精神を作り出す一助となったと考えています。今では少子化の影響により開催が危ぶまれた種目もあります。しかし学校・保護者・生徒の皆さん、我々の熱い想いにより本年度もこの地域の中学生にスポーツマンシップを通し精神力の向上、マナーアップの向上を目的とした事業を開催します。

また、時代のニーズに合う新たな創造も必要であると考えます。ITの加速度的普及によるコミュニケーションの変化は現実の生活環境の中で自ら考え行動すること、また人との繋がり、その中で何かを成し遂げていく機会を減少させているように感じます。 だからこそ青年会議所が他者との関わりの中から青少年の潜在的な能力を引き出すような機会を設え、参画いただくことで、人を想い人と繋がり自ら行動する。そのような次世代の担い手となる青少年を育成していきます。

 

個々の成長からの組織力強化

青年会議所の会員の資格は20歳~40歳以下までの青年であります。入会し活動を進めていくうえで色々なことが当たり前になり、ゆっくりと自分の姿を確認する機会を持てずにいたように感じます。ルールがあり変えてはならない部分があるからこそ、その中での活動を通して一人ひとりが成長していくのです。本年度は豊前青年会議所の会員として今一度自分の姿を振り返り、ルールや人としての在り方を再確認すること、会員としてふさわしい青年経済人になることに注力して会員の開発を目的とした例会を開催します。

また本年度はJCIASPAC鹿児島大会、全国大会宮崎大会と各種大会が九州の地にて行われます。このようなまたとない絶好の機会を活用していきます。

一人でも多くの会員と共に参加させていただき、各地青年会議所で活躍されています会員の方々のJC活動に対する熱い想いに触れる機会を持つこと で各会員の意識の高揚をはかります。また大会の設営、運営を間近で見て学び、これから豊前青年会議所で行う各例会、事業に活かせるようにしていきます。そして多くの会員と同じ時間、同じ思いを共有することで会員同士の絆を深め豊前青年会議所の団結力を強固なものにしていきます。

会員開発を目的とした例会開催、各種大会を活用しまして、個々の成長 から組織力の強化に繋げてまいります。

 

発信力強化

豊前青年会議所では1年間の活動を継続し発信しております。年間を通していかに豊前青年会議所の運動を地域の方々、ご協力いただく皆様にお伝えすることができるのか。この青年会議所運動の発信がしっかりと伝わって、はじめて皆さまにご理解ご協力いただけるものであると考えます。その為、会員の特質を活かしホームページ作成、SNSの活用、フリーペーパー、新聞と様々な方向から発信してまいりました。しかしどれも受け取る側が自ら探していただかないといけないという問題点を感じ、これでは本当に見ていただけているのか、きちんと伝わるように発信できていたのかと、発信について見つめなおしました。地域のため、地域の方のためにと考えた活動が周りの方に伝わっていなければ、それは単なる自己満足になってしまうのではないかと感じ本年度は豊前青年会議所が発信した内容を、確実に見ていただきご理解いただく、そんな活動に変えていきます。他人任せではなく自らきちんと発信することに注力していきます。また多くの方へ向けたSNSの継続的な発信も強化していきます。

 

全ての活動から繋がる会員拡大

青年会議所は20歳から40歳までの限られた期間の中で活動しております。当然ながら40歳に達すると卒業となり、それは新たな仲間を迎え入れ続けなければ会員数が減少していくことを意味します。しかし、ただ会員数が減少するから新たな同志を欲しているわけではなく青年会議所の運動を共有でき、豊築地域への貢献、人との繋がりや人としての成長を求める 青年経済人を迎えていくことが重要です。そのために発信力強化が必要となります。明るい豊かな社会を実現したいという我々の想い、そこから突き動かされる行動力を発信していかなければ、想いを共有する同志を迎え入れることはできません。また個々の成長も必要となります。我々に魅力がなければ、自らの成長を求める青年経済人が我々と共に活動したいと思うでしょうか。会員拡大は全ての活動から繋がります。本年度は感謝の想いを共有し、明るい豊かな社会の実現に向けて自ら行動できる多くの同志を迎え入れていきます。

 

結びに

1972年、全国で504番目の青年会議所として豊前青年会議所は誕生しました。47年間先輩たちが一歩一歩、未来を切り開き歩んでくださった道がある。それは当たり前なことではないと感謝し、脈々と受け継いできた想い、歴史、功績を重んじ活動してまいります。

いつの時代も想いが人を変え、人が地域を変えていくのです。感謝の心を常に持ち「郷土を更に誇れるものに、しっかりと次世代へ繋いでいく」という想いの下、会員一丸となり率先して行動してまいります。 どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

基本方針

・地域一体となって子供に関わるまちづくりの実現

・政治への関心・参画の推進

・自己の魅力溢れるひとづくり

・次世代を担う青少年の育成

・個々の成長に繋がる例会の開催

・組織力・発信力強化

・全ての活動から繋がる会員拡大