第46回福岡ブロック大会「みんなで行こうよ!恋・来い筑後!」

投稿日: カテゴリー: 新着情報

6月10日

第46回福岡ブロック大会「みんなで行こうよ!恋・来い筑後!」に参加させていただきました。

 

 

 

 

新幹線筑後船小屋駅周辺の筑後広域公園・タマホームスタジアム等にて開催されており、まず目を引いたのは「恋スイーツ大集合」。

 

 

 

筑後地域の人気店のスイーツが恋をテーマに大集合し、非常に多くのブースが出展され、試食合戦が繰り広げられておりました。

 

 

 

 

 

同じ敷地内で開催されていたのが、「オミヤのTEPPEN2018」福岡にまだまだ知られていない、地域に眠るお土産を発掘し、選挙投票するという企画であり、特別審査委員長に山本華世さんを迎え、非常に盛り上がっておりました。

 

 

「防災シンポジウム」昨今、身近に感じられる内容ではないでしょうか。

 

ソフトバンクホークスで活躍された元プロ野球選手新垣渚コーチを招き、子供達を対象とした野球教室が開催され大盛況をおさめておりました。その他にも防災シンポジウム、隈研吾氏・伊東順二氏後援会、その他多数イベントが開催されており、恋人同士やご家族で参加されている方々も多く見受けられました。

 

 

 

 

 

 

子供目線のイベント、夫婦・恋人同士での体験イベント、父親目線の企業ブースなどが多数出展されており、笑顔の溢れる素晴らしい大会でありました。

 

 

 

 

 

全てのブースを回りきる頃には、お腹一杯に満たされており、手に一杯のお土産を持っておりました。メイン舞台に目を向ければ、フラダンスの子供たちと、お酒を片手に、楽しそうに見る大人たちの温かい笑顔が印象的であったと覚えております。

 

 

 

 

 

また、HAWKSベースボール筑後にて、福岡ブロックの全青年会議所理事長がユニフォーム姿で球場内に表れました。各青年会議所が掲げるスローガンを叫び、専務とキャッチボールを行う姿は、今後の福岡をより良く展開していくという強い意志を感じる事ができ、身が引き締まる思いを受けました。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のブロック大会に参加し、地域において何ができるかと考えさせられました。一人の力ではできない事も、福岡ブロック全員の力を合わせると、これだけの規模の大会が開催されるものであると実感できました。今後の青年会議所活動の教訓にしたいと思います!!